ワークショップ :
本革手帳カバーに付ける「ふんわりキルトのフラップ」
with SANKAKU QUILT

PHOTO : 高見知香 

三角の生地をつないでつくるパッチワークキルトのユニット、「SANKAKU QUILT(サンカクキルト)」。外国映画に出てくる女の子の部屋にあるような、日常に馴染んだシンプルなキルトをイメージしたバッグやポーチなど小物づくりを制作している女性二人組です。

そのSANKAKU QUILTのお二人と、EDiT(1日1ページ手帳)のカバーをつくってみませんか?

SANKAKU QUILTが制作した本革のカバーをベースに、用意された中からお好きな生地を使い、三角形の布をパッチワークしながらフラップ部分をつくります。

キルトが盛んなアメリカでは、女性が集まりコミュニケーションの場として、チクチクとキルトを縫いながらおしゃべりをする習慣があるそうです。みなさんも、おだやかな雰囲気のすてきなSANKAKU QUILTのお二人とキルトにまつわるおしゃべりなどを楽しみながら、ぜひオリジナルの手帳カバーを制作してみましょう!

ワークショップ : 本革手帳カバーに付ける「ふんわりキルトのフラップ」
with SANKAKU QUILT

【日時】

2016年10月23日(日)①11:30〜13:30 ②15:00〜17:00  

【募集人数】
各回4名(計8名)

【参加費用】
¥5,500(税別)
※費用には、本文リフィルも含まれます。

【持ち物】
すべて用意されていますので、手ぶらでOK

【場所】
MARK'STYLE TOKYO <マークスタイル トーキョー> 表参道ヒルズ店
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズB3F

TEL/FAX 03-3478-5337
http://www.marks.jp/shop/markstyle-tokyo/

こちらのワークショップは申し込みを締め切りました。ご了承ください。

■SANKAKU QUILTをはじめたきっかけ、創作秘話などはインタビューはこちらから

SANKAKU QUILT
本城能子 & 橘川幹子 Takako Honjo & Motoko Kitsukawa

グラフィックデザイナーの橘川幹子とバッグデザイナー本城能子が三角の生地をつないでつくるパッチワークキルトのユニット。外国の映画に出てくる女の子の部屋にあるような、日常になじんだシンプルなキルトに憧れて、制作を開始。今年よりパッチワークキルトをつくる楽しさや使ううれしさを伝える活動を展開中。
https://www.instagram.com/sankakuquilt/