子どもごころを思い出す「ラチとらいおん」のカバー

子どもごころを思い出す
「ラチとらいおん」の1日1ページ手帳カバー

1961年にハンガリーで発行された、マレーク・ベロニカによる絵本『ラチとらいおん(Laci és az oroszlán)』。日本でも1965年に翻訳本(福音館書店)が発売され、以来50年以上、世界一弱虫な男の子ラチと小さな強いらいおんとの友情を描いたこの物語は、親子3世代にわたる読者に愛されています。

マークスの手帳の表紙にその「ラチとらいおん」が登場したのは2005年版でのこと。それから2008年版まで、さまざまなふたりのポーズや表情が、表紙を飾りました。

それから10年の時を経て、この「ラチとらいおん」がEDiT 1日1ページ手帳の2018年版として復活しています。

ラチとらいおん × マークス手帳アーカイブ

『ラチとらいおん』は、弱虫のラチがらいおんの助けを借りて、少しずつ強くなって勇気ある少年に成長していく物語。マークスの手帳にも、ふたりの愛らしい姿や東欧らしい色づかいが使われました。EDiTのフォーマットがまだ1日1ページだけだったころの2013年版では、キャンペーンマスコットにもなり、カタログにもラチとらいおんが登場しています。

ラチとらいおん×マークスの手帳アーカイブ

ラチとらいおん×マークスの手帳アーカイブ

EDiT手帳2013年版のカタログ

「ラチとらいおんのように、あなたといつもいっしょにいるEDiT」をイメージした、2013年版のカタログ

2005年版の初代モデルのイラストが
EDiT 1日1ページ手帳で復活

そしてEDiT 2018年版でラチとらいおんが復活。2005年版の初代モデルのイラストが、便利なスライドジッパー付きの1日1ページ手帳として生まれ変わりました。幼いころに読んだ懐かしい思い出、いつか自分の子どもに読ませたいと思っていた気持ち、そんな心をあたたかな思いが蘇ってきそうです。

2018年版 EDiT 1日1ページ手帳 2種類の表紙

EDiT 1日1ページ手帳 「ラチとらいおん」をオンラインで購入

ラチとらいおん / マレーク・ベロニカ・作
Laci és az oroszlán / Marék Veronika

1961年にハンガリーで発行された、マレーク・ベロニカによる絵本。日本でも1965年に翻訳本(福音館書店)が発売され、以来50年以上、この世界一弱虫な男の子ラチと小さな強いらいおんとの友情を描いた物語は、3世代にわたる読者に愛されている。作者のマレーク・ベロニカは、ハンガリーのブダペスト生まれ。国立人形劇場のスタッフとして働いたのち、絵本作家に。『ラチとらいおん』のほかにも、『もしゃもしゃちゃん』(福音館書店)、『ブルンミとアンニパンニ』(風濤社)などで知られている。
Web : marekveronika.hu