旅と本、この春を楽しくさせる2つのテーマと
「トガクレ」× EDiTのいい関係

2016年4月始まり版のEDiTカバーに仲間入りした、MARK'S Inc.のパーソナルオーガナイザーブランド「トガクレ」。 前回紹介したファーストコレクションに続き、2016年2月に発売したセカンドコレクションをご紹介します。
セカンドコレクションのテーマは、"モバイル"。 移動するシーンを快適にする「トガクレ」を、"旅と本"好きな人のためのEDiT ライフログノートといっしょに使うと......? 心豊かな春の旅と読書へと、ご案内します。

移動するシーンを快適に

ファーストコレクションのデビューから1年、“キャリングするシーン”を快適にするバッグインバッグのシリーズに加わったのは、旅行や出張などの“移動するシーン”を快適にする5つの収納アイテムです。

簡単に折りたため、サブバッグとして使えるリュックサックや、キーホルダー、ICカードなどの貴重品を納めるのに便利なキー&パスケースなど、外出先で役立つアイテムが揃いました。

マルチオーガナイザー×トラベルノート

なかでも、収納力抜群のマルチオーガナイザーは、こまごまとしたものをひとまとめにして持ち歩くのに最適です。

ビジネスシーンでA5サイズのノートや小さなメモ、ペンなどの文具を入れるのにも重宝しますが、旅先では、ガイドブックやパスポート、地図、現地通貨、旅行中のレシートなどをまとめるトラベルオーガナイザーとして活躍します。

そんなマルチオーガナイザーは、実はEDiTの「トラベルノート」がちょうど収まるサイズなのです。トラベルノートは、世界の旅人が愛用する旅行ガイドブッグ『ロンリープラネット』と同じサイズでつくられ、さまざまな旅のプランや旅先の記録を書きこめるようになっているので、マルチオーガナイザーにセットして、旅に必要な小物といっしょに持ち歩くのにぴったりです。

旅先のカフェやホテルで旅程を確認したり、次に行く場所の情報をチェックしたり、旅で出会ったすてきな出来事の記録を綴ってみてください。旅の時間がよりいっそう充実したものになりますよ!

読書ノート×ブックカバー

1人旅の計画なら、持ち物リストに入れておきたいのが、1冊の文庫本。新幹線や飛行機での移動中、ホテルでの滞在時間などの手軽な時間つぶしに、またふだんゆっくり読む時間が取れない人は、この機会にじっくり本に向き合うのも、旅の楽しみのひとつです。

旅気分にたっぷりと浸かれるような旅行記、心に染み入る短編集、気負わず読めるエッセイ……、お好みでテーマを選んで、旅の相棒にしてみては?

「トガクレ」の文庫カバーは、そんな旅先での“読書”のシーンをさらに味わい深くしてくれるアイテムです。
カバーの右上には本を挟むスピンバンドが付き、カバーを開くだけで前回読んだページにすぐにアクセスできるので、移動中、本を閉じたり開いたりするときもストレスフリー。付属のポケットに付箋やペンを入れておいて、気になった個所をマーキングしてみても。

そして、読書体験で感じたこと、心に残ったことなどを記録するのが、EDiTの「読書ノート」です。読んだ本の情報や感想、覚えておきたいフレーズなど、読み終えた余韻が残るうちに書きこんでおくと、見返す楽しみも。読書を通して、自分の思考を見直したり、新たな自分を発見することもあるかもしれません。

旅ゴコロをくすぐる、トロピカルな限定パターン

旅気分をいっそう盛り上げるトロピカルなモチーフの「トガクレ」“HIGH SURF”シリーズは、マークス直営店・オンラインマークスでの限定アイテムです。

「トガクレ」のために書き下ろしたオリジナルのアロハ柄は、「常夏の島で、記録的な強風に当たってしまったサーファー」をテーマにした、思わず笑みがこぼれる陽気なプリント。
青い海、白い砂浜、椰子の木、そして、コミカルなサーファーの姿に、爽快な気分が高まります。旅行先でも日常使いでも、ワクワクしながら使えますね!


「旅」と「読書」、どちらも人生を楽しむために欠かせないテーマ。この春は、「トガクレ」とEDiTのライフログノートを携えて、気ままに読書と旅を楽しみに出かけてみませんか?

EDiT トラベルノートをオンラインで購入

EDT 読書ノートをオンラインで購入

>「トガクレ」の商品ラインアップはこちらから

>「トガクレ」の動画はこちら  Vol.1  Vol.2