EDiT手帳 2021年版の注目ポイント

10周年を迎えたEDiT
2021年版(12月・1月始まり)の注目ポイント

使う人、一人ひとりが「人生というストーリー」を編集していくための手帳として生まれ、1日1ページ手帳からスタートしたEDiTは、2021年版で10周年を迎えました。

この10年の間に、そしてこれまでにない経験が訪れた2020年の年明けからは特に、ライフスタイルや働き方の変化、環境への配慮意識など、私たちの日々の行動や思考、気持ちなども少しずつ変わってきています。

自分たちを取り巻く時代や環境、自分自身が変化しても、手で書く時間、手帳と向き合う時間が、「自分と向き合う大事な時間」であることに変わりはありません。

2021年版(12月・1月始まり)のEDiTは、10周年を記念して、1日1ページ手帳の「A6サイズ」が仲間入りし、定番のB6サイズには、小口がゴールドに輝く限定版も登場しています!

それでは、2021年版の注目ポイントを見ていきましょう!

ポイント1 :
1日1ページ手帳に待望のA6サイズが登場!

EDiTの一番人気のフォーマット、1日1ページ手帳に携帯しやすいA6サイズがいよいよ登場。「このサイズがほしかった!」と待っていた人も多いのではないでしょうか?

B6サイズの1日1ページ手帳同様の24時間対応の時間軸、さりげないガイドラインのドット罫は、縦の罫線を追加できるガイドポイント付き。B6サイズのスープルが約320gなのに対し、A6は約227gと、B6の約70%の重さとなっているため、持ち運ぶときの負担も軽減されます。

EDiT 1日1ページ手帳「スープル」の大きさ・重さ比較

1日1ページ手帳は、A5・B6・A6・B7と4つのサイズがあるので、用途や持ち運び頻度などに合わせて選んでみてください。

ポイント2 :
新登場!
1週間の予定とメモを関連づけて記入できる週間レフト手帳

左ページがスケジュール欄、右ページがメモスペースの週間レフト手帳がEDiTに仲間入り。1日の予定管理とタスク管理がしやすく、ビジネスでもプライベートでも使いやすい中面フォーマットです。

EDiT 週間レフト手帳の使用例

ウィークリーページは、1日のスケジュール欄を午前・午後・夜、またはプロジェクトごとなどに分けて記入することもできます。文字だけでなく、図表やイラストも描きやすいドット罫のメモページには、ひとこと日記を書くのもおすすめです。

ポイント3 :
10周年記念モデル 「ゴールドのスープル」を発売!

EDiTの発売以来の定番でリピーターも多い「スープル」は、PU生地のなめらかな手触り、ブラックやレッドといったスタンダードカラーから、シーズンごとに入れ替わる新色まで、豊富なカラーラインアップが魅力です。

2021年版は新色3色を含む10色に加えて、10周年を記念した小口がゴールドに塗られた限定版が2色、合計12種類の中から選べます(1日1ページ手帳/B6サイズ、週間ノート手帳/セミA5サイズのみ)。

「2021年はどんな年にしよう?」そんな思いといっしょに色選びを楽しんでくださいね。

EDiT 1日1ページ手帳 スープルのラインアップ

*スープル限定版は、オンライン・マークス、マークスの直営店および一部取扱店のみでの販売となります

*オンライン・マークスでは、「1日1ページ手帳 スープル(B6)」の無料名入れサービスも受け付けています
(限定版は除きます。ご了承ください)

ポイント4 :
オサムグッズが初登場!
国内外のブランドやアーティストによるスペシャルカバー

毎年手帳ファンの間で話題になる国内外のブランドやアーティストによるスペシャルカバーは、人気の高い「ポール & ジョー ラ・パペトリー」、2020年版で好評を博した「奈良美智」の新作に加え、70年代後半から現在まで、幅広い層に支持を得ているイラストレーターの原田治の「オサムグッズ」のデザインが、EDiTのラインアップをより個性豊かなものにしてくれています。

EDiT手帳 スペシャルカバー一覧(オサムグッズ、奈良美智、ポール&ジョー ラ・パペトリー)

■オサムグッズ
日本の“かわいい”文化に多大な影響を与えたイラストレーター・原田治の「オサムグッズ」(写真左)は懐かしさを誘う、レトロなかいわいらしさが魅力。76年に商品化された「マザーグース」の世界観をテーマにしたポップで愛らしいキャラクターが、40年以上の時を超えて、今もなお人気です。スライドジッパー付きのカバーはペンや付箋をいっしょに持ち歩くことができ、便利さも兼ね備えています。

■奈良美智
2020年版も好評だった現代美術作家の奈良美智のカバーは、東日本大震災後に描かれ、やわらかく、美しい色彩と訴えかけるような眼差しが多くの人の胸を打つ「春少女(画像右上中央)」、「Untitled (Island/Def Jam)(同左)」、「My Bear(同右)」の3作品。いずれも独特な少女たちの表情のアートワークが印象的です。

■ポール & ジョー ラ・パペトリー
8シーズン目を迎えるフランスの人気ブランド「ポール & ジョー ラ・パペトリー」のカバーは、ラウンドジップタイプのジャケットカバー、単行本のようなハードカバー、ライトに持てる塩ビカバーと中面フォーマットによって仕様が異なり、いずれもポール & ジョーの人気モチーフをあしらったファンにうれしいデザインとなっています。

スペシャルカバーを含め、一部のジャケットタイプカバーは、“カバーのみ”の販売も。季節や気分に合わせて手帳の着せ替えができるほか、分冊のリフィルに対応するサイズのカバーもあります。

*分冊リフィルとは?
1日1ページ手帳(B6サイズ)のデイリーページが半年ごと(2021/1/1〜2021/6/30、2021/7/1〜2021/12/31)の2冊に分かれたリフィル。
1日1ページ手帳の重さを気にせずに持ち歩くことができます

ポイント5 :
オンライン・マークスでの購入特典
「オサムグッズ」の手ぬぐいをプレゼント!

オンライン・マークスおよびマークスタイル トーキョー(GINZA SIX店 / 渋谷スクランブルスクエア店 )にて、EDiT手帳(2021年版)をお買い上げのお客様に先着順で「オサムグッズ」の手ぬぐいをプレゼント! 

人気のジル(女の子)とジャック(男の子)、そしてEDiTの10周年アニバーサリーロゴをあしらった特別なデザインとなっています。

EDiT手帳 オサムグッズ手ぬぐい

お弁当などを包んだり、インテリアに取り入れたり、と使用シーンが実は幅広い手ぬぐい。ハンカチ代わりに用いて、手帳携帯時のお供としてもよさそうですよね。

*予定枚数なくなり次第終了です。ご了承ください

手帳を使うことで、思考が整理されたり、タイムマネジメントが習慣化されたり、書き留めた言葉に励まされたり、自分自身が見えてきたりして、自分の現在地を確認しながら、過去と未来をつなげることができます。

手帳に今、感じている気持ちを書き込んだり、これから先の未来を描いたり、この変化の日々を先々に振り返ったり……。
EDiTをパートナーに、新しい1年、人生を「エディット(編集)」していきましょう!

2021年版 発売スケジュール

2021年版の発売スケジュールは以下の予定となっています。どうぞお楽しみに!

■8月6日(木)
・オンライン・マークスで購入特典付き先行予約受付スタート
・amazon、Yahoo!、楽天のオンライン・マークス店で予約受付スタート

■8月21日(金)
・オンライン・マークスおよび、amazon、Yahoo!、楽天のオンライン・マークス店での通常販売がスタート
・マークスタイル トーキョー(GINZA SIX店 / 渋谷スクランブルスクエア店)にて購入特典付き先行販売スタート

■9月上旬
上記以外のマークス直営店および全国の文具・書店、雑貨量販店などのお取扱店で、順次販売スタート

2021年版 EDiT手帳の表紙一覧はこちらから>